小顔注射のダウンタイムってどう?

小顔注射のダウンタイムってどう?

ボトックス注射は、外科的な治療と比較すると、ダウンタイムが最短のが特長です。施術は注入部位を冷やす「アイシング」を行い、痛みを軽減させながら行います。まれに内出血が起きることがありながら、その場合にも1週間から10日ほどで落ち着きます。こちらはボトックスの効果によって咬筋の動きが弱くなっている証拠です。治療直後は普段の感覚との差に戸惑うかもしれないが、数日間で慣れてきますから、こちらもあまり心配はいらないでしょう。注射の痛みは耐えられる程度ですが、痛みに薄弱方向けに塗るタイプの麻酔もあるのだから、安心して受けることができます。ボトックスを注入した直後は、ほかの注射と同様、注入箇所に腫れや赤みが生じますが、数日で改善します。もちろん、施術後の症状は個人差があるため、ごく軽やか人もいるならば、稍々長引く人もいます。そのほか考えられる注射後の症状としては、あごにあまり力が入らなくなりましましましたり、食べ物を噛むと疲れやすくなったりするとかいという感覚面での違和感が出ることが挙げられます。しかしながら、施術直後からメイクができてくるので、隠すことが可能その為、あまり心配しないとしても大丈夫です。ボトックス注射は外科的手術のようにメスを使わず、また日帰りで行うことの出来る簡単な施術です。

page top